君に会えてよかった

e0050111_140736.jpg

いつかはこんな日が来るのではと思ってた。
ウルフルズ 活動休止。
正直な所、知らせを読んだ時はホッとした。
不謹慎かもしれないけど。
でも、音楽を楽しんでない4人がいるのはずっと前から知ってた。
今までウルフルズをずっと見てきた人なら
みんなわかってたと思う。

ウルフルズの曲にはたくさん助けてもらった。
ウルフルズの曲で這い上がった時もたくさんあった。
ケーヤンのテケテケいうギター
サンコンのドカドカしたドラム
ジョンBの品のいいベース
トータスのあの魂ゆさぶる歌声
だからウルフルズ。
だから好きだし。
でも、このだから好きって言葉が
彼等の重荷になってるのかもしれない。
ウルフルズらしさに疲れたのかもしれない。

もういろいろ考えるのはやめよう。
曲達はずっと残るんだ。
また聴けばええねん。

もう4人のライブはしばらく見る事はできない。
ROCK IN JAPAN FES、大阪ヤッサも
私は行く事が出来ない。
もしかしたら、もう二度と4人に会えないかもしれない。
そう思ったらいてもたってもいられなかった。



e0050111_13363515.jpg

六本木は暑かった。
まさか、この週末に私が六本木に出かけるなんて
水曜の朝までは想像もしてなかった事。
火事場の馬鹿力だね。
本気で一人で六本木まで行った。
これを逃したら
もう二度とウルフルズには会えないような気がした。

暑い中での熱いステージ。
みんなはヤッサでまた会えるかもしれないけれど
私にとってはこれが最後。
涙が止まらなかった。
こんな大都会のど真ん中で最後のウルフルズなんて
全然似合ってないよ。
大人の事情もいろいろあるんだろう。
テレビ用と言われればそれまでだろう。
でも、いいの。
これでキッパリ、私の中でもケジメ。

トータスの歌声、トータスの気迫、凄まじかった。
あんなに魂の入ったサムライソウル初めてだった。

そして明星。
恐い位の決意を感じた。

私はウルフルズのトータス松本が好きなんだと思ってたけど
トータス松本っていう"歌うたい"がやっぱり好きなんだよ。
素晴しいアーティストが必ずしも素晴しい人間だとは限らない。
だいたい、会って話した事もないんだもん
わかる訳ないよね。
でも必死になって頑張って、もがいてる彼の姿は、素晴しいと思う。
私は彼の今後を見ていきたい。
彼の歌をこれからもっともっと聴きたいと思った。

最後にいつもの
「また見てね〜!」
言ってくれたトータス。
嬉しかった。
いつの日かきっと復活はあると
この時に思った。

相変わらずの暑苦しい歌をいつかまた聴かせておくれ。
何十年先でもいいから
またいつか4人で。
               ウルフルズ・フリーライブレポはこちら
[PR]

by simple2601-chil | 2009-07-12 14:21 | ウルフルズ

<< 梅雨明けなのだ! 田園 >>